平家物语剧情介绍

“祇园精舍钟声响,世间诸行总无常。沙罗双树花说法,盛极必衰是沧桑。”平安末期。眼看平家一族将在权力、武力、财力等各方面极尽荣华。拥有看见亡者之眼的男人·平重盛,遇见了拥有看见未来之眼的少女·琵琶。少女 详情

会日语的人来翻译下平家物语的开篇之歌

【原文】祇园精舎 ぎおんしょうじゃ祇园精舎の钟の声 诸行无常の响きあり娑罗双树の花の色 盛者必衰の理をあらはすおごれる人も久しからず 唯春の夜の梦のごとしたけき者も遂にはほろびぬ 偏に风の前の尘におなじ【现代日文翻译】 祇园精舎の钟の音には、诸行无常すなわちこの世のすべての现象は绝えず変化していくものでという响きがある。沙罗双树の花の色は、どんなに势いが盛んな者も必ず衰えるものであるという道理をあらわしている。世に栄え得意になっている者も、その栄えはずっとは続かず、春の夜の梦のようである。势い盛んではげしい者も、结局は灭び去り、まるで风に吹き飞ばされる尘と同じようである。【中文翻译】  祇园精舍钟声响, 诉说世事本无常; 娑罗双树花失色, 盛者转衰如沧桑。 骄奢淫逸不长久, 恰如春夜梦一场; 强梁霸道终覆灭, 好似风中尘土扬。



平家物语电子书txt全集下载

链接:  提取码: g55u

猜你喜欢